こんにちは、ようこそ浙江メトロ旅行株式会社! 「登録」 「無料登録」 ヘルプセンター 旅行攻略

順義漢石橋湿地北京郊外シロ洋澱

発表時間:2014年はち月じゅうご日 閲覧回数:41008度

「天には天国があり、下には蘇州・杭州があるかもしれないが、後半の言葉を知っているかもしれないが、「南に西湖、北がある」というのは、珍しい観光地であることがわかってきていたが、葉を張った漢石の湿地は白洋の淀と呼ばれていたので、ここに来てきれいなハスの花を見ることができるだけでなく、桃の美しさを感じることができる。


漢石の石橋湿地自然保護区は北京の李元地帯に位置して、総面積は1900ヘクタールで、その中の核心区面積は約3000ムーで、北京市平野地区の唯一の大型の葦の沼の湿地である。

保護区内には鳥の153種類が記録され、国家の1級保護動物を含む2種類、国家の2級の保護動物は17種、野生の植物は292種で、多くの珍しい絶滅危惧鳥が移動する生息地と乗り換え駅である。典型的な葦の沼湿地生態系と野生動植物、北京市人民政府は2005年4月に中国語の石橋湿地自然保護区を設立し、同年6月順義区人民政府は北京市の順義区漢石石橋湿地自然保護区管事務室を設立し、主に湿地の保護、科学研究、開発利用などの仕事を担当している。

オープン時間:一日中
公園の入場料:無料
住所:北京市の順義区では、山の道が南にあります。
1、5月から7月までは定期的に開花した季節で、薄赤、深いバラの赤、オレンジ、ピンク、黄色の5つの品種があります。7月から9月にかけてハスの花が咲く季節で、紫、薄いピンク色、黄色の緑、ピンク色、薄いバラの赤色、深いピンク色の6つの品種があります。
2、最優先時間:毎年3月から5月、9月から11月までは鳥が移動する季節で、大量の鳥が漢石の湿地にえさを探しています。
乗車するルート:918番のバス(東直門—三元橋―順義区―南彩—杨镇三街降りてタクシーに乗る)
マイカーのルート:三元橋―空港高速―空港南线―京都平高速—木燕路輸出—北务方向に直行はちキロ、または三元橋―京都密道―枯れ柳全島の東へ―順平道―木燕さんキロ南の交差点。

サービス時間
月曜日から日曜日まで
9 : 00 - 18 : 00
オンラインサービス
プラザサービス
セッション中の顧客サービス
新規販売店サービス
ホームサービス
電話に連絡する
魚を売る